知的財産制度の本質を知る

 知的財産制度の歴史は古く、15世紀のベネチアにおいて特許制度が採用されたのが最初と言われています。

その後、現在に至り、ほぼ世界中で知的財産制度が採用され益々発展が続いています。これは正に知的財産制度が各国国民にとって有益な制度であることの証です。
ただ、知的財産制度が国民のための制度であるということの真の理解度は各国差があるのが現状です。

 知的財産権は独占権として定着していますが、発展の過程では、「独占」に対する反発から報奨制の採用や特許制度の廃止を決断した国も存在しました。
しかし、結局、有益な発明をした者に「独占的地位」を与えることこそが発明の活用を促し、結果として国民に恩恵を及ぼすための最善の方法であることが認識され、現在の全世界における知的財産制度の興隆に至っているわけです。このことは将来も些かも変わらないものと信じます。

 発明の創作活動に携わる発明者、企業、知的財産権を生み出す特許庁、これを守る弁理士、弁護士、裁判所による制度の運営が、この知的財産制度の本質を理解した上でなされることが最も重要なことと考えます。

栄国際特許事務所
所長弁理士 江藤聡明